オールインワン美容液の特徴

オールインワン美容液、というワードはコスメ系の話題には既に定番となっていますが、改めてどういうものかを調べてみました。

オールインワン美容液はなんといっても、一つの化粧品に複数の役割を持つことです。

例えば洗顔から、化粧水などで潤して保湿、それから乳液などで肌に良い成分を与えて、クリームで保護。

あくまで例ですがこの手順でも三つの化粧品が必要になりますが、オールインワン美容液なら洗顔のあとにたった一つで済んでしまうんです。

他にも種類やメーカーによってタイプがありますが、普段使用しているスキンケア製品には含まれていない肌に良い成分も一緒に補える、なんてことも出来ちゃいます。

勿論洗顔後に使用するだけでなく、化粧下地にも使えてしまうので活用法はとても広く使い勝手も大変良いです。

また、美容液一本で済んでしまうという事で、時間の短縮やスキンケア代の節約にもなるので良いこと尽くめなのが最大の魅力ではないでしょうか?

オールインワン美容液といっても、内容のタイプはそれぞれ。

ゲル、ジェル、ローションタイプと多岐にわたります。

ゲルとジェルは似ているようですが、厳密にいうと少しだけ違います。

ゲルは比較的水分量が少なく、手にとった感覚も弾力があるものになり、反対にジェルになると水分量がゲルよりも多く、ローションよりも弾力があります。

配合成分の配合分量によってタイプは違いますが、それぞれ肌に合ったもの、どんなシーンで利用することが多いか、を重点的に見て選ぶのも良いかもしれません。

と言っても、実際オールインワン美容液がどれだけの種類があるかや成分はどういったものか、とお店に長く居続けるのも難しいですよね。

でも出来るだけ肌に良く、自分の肌と相性の良いものをみつけたい。

そんな時には私はこのサイトをよく利用しています。

用途別やコスパ、使い心地などもチェックできるので簡単に自分にあうオールインワン美容液が見つけられることができちゃいます。

オールインワン美容液のおすすめランキング